花まつりが終わり…

花まつりが終わり、

ようやく大泉寺に日常が訪れたような気も致しますが、

多忙すぎてまだ花まつりの写真の整理も出来ていません (;༎ຶ۝༎ຶ)

 

この時期には所属する各会の総会・研修会がいくつも開催されますが、

昨日参加した研修会では警備会社さんから講義を賜りました。

 

大泉寺でもお世話になっている某社さん。

センサーが虫に反応しただけでも嫌な顔せずに駆けつけてくれます。

講義では防犯について、犯罪者の心理などを交えお話いただきました。

 

「防犯」で一番大切なこととは…

「犯罪を未然に防ぐこと」

だそうです。

 

落書きやゴミ、雑草を放置しない。

境内に居る方に声がけをする。

防犯カメラなどを設置し、死角を作らない等々。

お寺運営では基本的な事をしているだけでも防犯効果は望めるそうで。

 

単にお寺を守るということだけでなく、地域や家族を守ること。

心に闇を抱えた方を犯罪行為に走らせないという意味でも「防犯」は大切です。

根本を辿れば、仏様の教えを以って心の闇を払い犯罪を起こさせない事も広義では「防犯」と呼べるわけです。

 

お釈迦様も2大国に挟まれた小国の王子としてお生れになり、幼少の頃から死への恐怖に怯えていました。

その恐怖から逃れる為に出家を志して悟りを開くに至ったのです。

簡単に言ってしまえば、仏教とは心から不安を取り除くために産まれた教えです。

 

お寺で行う行事では参加者に制限を設けてはおりません。

どなたでも仏様とご縁を結び、仏法を授かることができます。

大泉寺では「花まつり」や「御会式」といった行事を通じて、全ての方に仏様のお心に触れていただければ…と考えています。

それで犯罪が一件でも減り、皆が安心できる社会に向かって行けたら嬉しいですね。

 

皆様も安全な社会に住む為に、まずご自身の心のケアもお忘れなく。

お坊さんの勉強会

布教師会・社教会合同研修会に於いて宗教学者「内藤理恵子」先生の講義を頂きました。

伝統仏教が今後どの様な変化が必要なのか、時代に合わせてゆくべき事、継承すべき伝統について考える良い機会となりました。

http://www1.m1.mediacat.ne.jp/riekonaito/index.html

グローバル化

サイトの管理をしていると色々なアクセス情報を見ることができます。

サイトを新規に作り直してからの統計情報を見てみると、

様々な国から見て頂いているのがわかります。

日本語しか使っていないサイトなのにアメリカから1000回以上、

他の国々からもボチボチアクセス頂いています。

もしかしたら国内の方がプロクシを刺しているのかもしれませんが、

海外の方が見ても、写真だけでも大泉寺の魅力が伝われば良いなと思います。

Facebookページの富士山御宝塔のページもよく海外の方がチェックインして下さいます。

日本も国際化が進んでいるんですね。

仏教と大泉寺、富士宮の情報などを更に伝えてゆきます。

大泉寺富士山御題目宝塔参拝!!

20170716-193749.jpg

今日は檀家の皆さん、白蓮會、お会式ねっとの方々と、大泉寺富士山御題目宝塔へと登山参拝してきました。

20170716-194019.jpg

20170716-194048.jpg

富士宮口新五合目から約1時間の道程ですが、慣れない方には中々大変だったと思います。

今日は我が家の4歳児×3も連れて行きましたが子供達は元気で、小学一年生の子は先頭集団について先に行ってしまいました…凄いな…

20170716-194807.jpg

三連休の中日ともあって登山客も多く混雑していましたが、山で会う方々は気持ちよく声を掛けて、子連れの我々に道を譲って下さいました。
ありがたい事です。

また半纏姿の我々に興味を持つ方も多く、特に纏は目立つので余計気になるみたいです。

休憩を入れ約1時間で御宝塔に到着です。

20170716-195845.jpg

この昔の山小屋跡の広場が目印です。
右奥に見えるのが御宝塔です。
ちょっとでも雲が出ていると視界が無くなって見えなくなってしまいます。

20170716-201147.jpg

砂礫に埋まってゆく御宝塔周りを整備参拝し、天下泰平国土安穏と登山客の安全を祈願して纏の振込みをしました。
写真は撮れませんでしたので、いずれ動画をアップいたします。

御宝塔に置いてある香炉は「石材の小野田」さんが平成22年に奉納して下さったものです。
当時32キロもある香炉を担いで登ったのは良い思い出ですが、もう7年も経つんですねぇ。

香炉にお線香の跡があり、卒塔婆まで供えている方もいる様で、我々以外にも参拝される方がいる事がわかり嬉しく思いました。

20170716-195707.jpg

20170716-195723.jpg

帰りに毎年お世話になっている6合目の山小屋、雲海荘さんの前で商売繁昌の纏を披露をして下山しました。

今年も怪我人もなく、無事に帰ってこれました。

アジサイを植えました。

  

ちょうど花が終わった頃合いですが、先日アジサイを駐車場横の庭園に植えました。

数年前から挿し木で増やした物ですが、全部で10鉢ありました。

この庭園と駐車場は、40年以上昔は田んぼだったそうですが埋め立てて駐車場にしたそうで

正直土が悪く、石や砂利がほとんどなので荒れ地に生えるような雑草ばかり生えてきます。

また梅雨に入ると特別な理由も無ければ出歩きたくなくなる季節ですので、

せめてお寺まで来られた方々に楽しんで頂こうと徐々にアジサイを増やしていこうと思います。

ただ・・・これだけ広いと10鉢じゃ全然足りませんね・・・

この庭園だけでもあと50は無いと見栄えしない感じです・・・

頑張って増やします!!

もし鉢植えのアジサイが余っているような方がいらっしゃいましたらご協力をお願い致します。

それにしても最近の暑さで穴掘り作業は堪えますね。

2時間程度の作業で体重が1.2キロ減りました。

ここ数年の暑さは異常で、お盆の棚経も近いのですが体感温度が危険なレベルですね。

皆さんも熱中症には十分お気をつけ下さい。

青年会

世の中には様々な分野で「青年会」というものが組織されていますが、日蓮宗にも青年会があります。

全国日蓮宗青年会から各地方の青年会がありますが、静岡県の青年会は全国に先駆けて組織された古い青年会です。

静岡県中部管区の中で富士川を境に東西に分かれ、西を五明会・東を和党会という名の青年会があり、私は和党会に属しています。

この青年会は何をしているのか?

2年ごとに改選される会長によって色が出ますが、研修会や募金活動などの自己研鑽や、行脚など宗門の実働部隊としての側面もあります。

先日は富士市の葬儀社「金華堂」の金刺社長をお迎えして、現代の葬儀について研修会を行いました。

20170707-105223.jpg

時代によって変わるお葬儀。
そして時代では変わらない部分など、我々僧侶とは異なる視点から見たお葬儀についてご講義頂きました。

金刺社長は先進的な方であると同時に、地元に根ざした企業経営をされており、我々も参考にしなければならない点に多々気づかされました。

葬儀だけではなく、寺とは何なのか?
寺には何ができるのか?
常に自問自答して前向きに進んでいきたいと心底思わされた、大変有意義な時間でありました。

また、青年会和党会では年末に寺フェス的なものを企画しており、既にプロジェクトが始動しています。
また詳細が決まり次第こちらでも紹介してまいります。

災害対策について

http://www.jiji.com/sp/article?k=000000002.000023590&g=prt

日蓮宗では、万が一起きてしまった災害時の為に様々な取り組みをしております。
今回取り上げた記事は、災害時に使用する避難行動支援アプリに災害協力寺院が掲載されるという内容です。

東日本大震災をはじめとする大災害時には、多くの日蓮宗僧侶がボランティアなどで支援活動を行って来ました。

数年前に富士宮仏教会でも、富士宮市とボランティア受け入れの提携を結んでおります。

使う事が無いのが一番良いですが、万が一の時には是非活用して欲しいですね。
出先で災害に遭ってしまった時にも役立つはずです。
とりあえずアプリを入れておいてくださいね。

輪番奉仕について。

 

毎年この富士宮地区では、一月に輪番奉仕団を結成し、総本山身延山久遠寺へと初詣を兼ねてお参りを致しております。

輪番奉仕については別項にて詳しくご案内申し上げますが、この度の輪番では大泉寺住職である私が二十年ぶりに導師を勤めさせて頂きます。

私も今年で七十歳になりますので、おそらく今回が最後の輪番導師となります。

輪番は団体での参拝となりますので、普段個人でお参りしても入ることが出来ない場所までお参りすることが出来ると共に、伝統に則った厳かな儀式を体験することも出来ます。

普段ご参加頂けない皆様にも、ぜひ日蓮大聖人とのご縁を深めて頂くと共に、今年一年が皆様にとっても良き年となりますように一緒に御祈願致したいと思います。

どうぞご家族やご友人をお誘い合わせの上、ご参加下さい。

大泉寺住職 遠藤是秀

Q,で、輪番奉仕って何なの??

輪番奉仕とは、日蓮聖人が御入滅後その御廟所(墓所)を弟子や檀信徒達が順番にお護りし、代々お給仕をして参りました。

その伝統にならい、本来ならばお参りだけではなく、周辺の清掃作業等も行うことをいいます。

現在では守塔沙門であります法主猊下より、住職並びに檀信徒の皆様に、今日一日は法主猊下になりかわり日蓮聖人にご給仕を、とお役目を託されます。

その甲斐もあり、御廟所や参道は常に綺麗に保たれ、我々がお参りする一月は寒い時期ということもあり雑草も無く、ほとんどする作業はありませんが、あくまでもご先祖様のお墓参りと同じように、日蓮大聖人へのお給仕をするという気持ちを持ってお参りすることが大切です。

 

 

布教師会月例講話九月

c00031

c00032

c00041

毎月行われている「布教師会月例講話」

大変好評で、毎月聴講者が増えています。

今回九月の回は私・副住職が担当させて頂きました。

嬉しいことにほぼ満席で、30名以上の方に聞いて頂くことが出来ました。

頂きましたお題は「敬神崇祖・お仏壇と神棚について」

意外と知られていないお仏壇や、日蓮宗の視点から見た神棚についての講話でしたが、

やはり日常生活における信仰の要、皆さん本当に真剣にお聴きになられていましたね。

話し終えた後に質疑応答もたくさん頂きました。

いずれ少しづつこのブログでも解説してゆきますので、お楽しみに。