交通安全祈願

大泉寺は祈祷専門のお寺ではありませんので、それほど件数は多くはないのですが、ご祈願を受け付けております。

本堂正面に安置される「富士山天拝祖師像」は幕末の頃、黒船が来襲して来た折に孝明天皇が国の安穏を祈願する為に、富士山に奉られていた日蓮聖人像を京都御所まで遷座•祈願された祖師像です。

当山では祈願の折には、祈願申し上げ願主の誓願を富士山天拝祖師にお伝え致します。

今朝は納車後の交通安全祈願でした。

祈願主はこの車種に並々ならぬ思い入れがあり、日本中探した一台との事です。それなりに年式が進んだ車種ではありますが、隅々までキレイに仕上げられた素晴らしい一台です。

車高のリフト量、タイヤチョイス、塗装、USウインカーなどなど…

カッコいいですねぇ〜(写真は許可を得ています)

語り出すと止まらない住職の趣味ブログになってしまうので割愛致しますが、細かい所まで拘りが感じられますね。

願主の方は、末永く大切にしたいとの思いで祈願なさいました。

大事なのはその気持ちです。

特に道路の上には自分だけでなく、たくさんの車や人が通ります。近くを通るというわずかな縁ですが、自分の安全が周囲の安全にもつながるという事なのです。

祈願は願うだけではなく、願主が仏様に願う為に「〇〇を努力します」と誓うとともに、その努力を見守っていただくものなのです。

お別れの儀式であるお葬儀とは違い、祈願は例えば交通安全だったり安産祈願であったり、少しでも明るい未来を目指す為に行うものなので、私も明るく嬉しい気持ちになるので好きな法務のひとつです。

また10月17日に予定している当山御会式にて、各種御祈願を受け付けておりますので、お問い合わせ下さい。

お彼岸のお中日

今日はお彼岸のお中日、そして秋分の日です。
彼岸は六波羅蜜という六つの善行の功徳を積む期間であるとともに、先祖供養をする期間になります。

六波羅蜜とは

  • 布施・持戒・忍辱・精進・禅定・般若

これは悟りの彼岸に至るための6つの修行、善行をいいます。

彼岸とは川の向こうの事をいい、こちら側を此岸もいいます。

お彼岸は春も秋も季節の変わり目であり、昼夜の時間も同じになり日本において仏教の中道思想と合わさり煩悩と悟り、俗世と来世が等しく交わる日と考えられてきました。

特に秋分、春分の日は昼夜が等しく、此岸と彼岸が通じる日とされ先祖の住まう彼岸へ我々の供養が届きやすいと捉えられ、ご先祖さまのお墓参りや供養をするのです。

また余談ですが、この秋分の日に先祖供養をすることは


「国民の祝日に関する法律」

によって秋分の日とは

「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」

ためのものと定められています。

仏教徒に限らず、今日はご先祖さまを思いながら過ごしてみては如何でしょうか。

【重要なお知らせ】盂蘭盆供養会(棚経代替行事)について

8月10日(月) 9:00〜終了未定(全件修了次第)

※件数が多い為、休憩を挟みながら数回に分けて読み上げ回向を致します。

コロナウイルス感染拡大予防の為、当山で例年行うお盆の棚経を本年は中止致します。
その代わりに本年は「盂蘭盆供養会」を行い、全檀家各家の読み上げ回向を致します。
当日は本堂前に焼香台を設置致しますので、近隣の方はお焼香が可能ですが、
自宅待機や移動手段の無い方でもオンライン参拝頂けますようにYouTube Liveにてライブ配信致します。

【重要なお知らせ】本年の棚経について

今年の棚経についてどのようにすべきか大変に悩みました・・・

大泉寺の棚経は例年、住職の他に六名の僧侶にお手伝い頂きますが、

ほとんどが県外の方であり、回って頂くお檀家様のお宅も富士・富士宮のみでも総数が約千件あります。

各家のご家族まで含めると関わる方が多すぎて、万が一にもウイルス感染が広がってしまえば影響の大きさは計り知れません。

お檀家様、そして僧侶双方のリスクを最大限に減らす為、断腸の思いではありますが

  • 一般檀家の棚経を中止
  • 一部、新盆宅と寺役員宅のみ実施

することと致しました。

毎年皆様のお顔を拝見し、お話しさせて頂くのは僧侶としても私個人としても楽しみでもありました。

また住職として各家のお仏壇にて御本尊様やご先祖様方に御挨拶が出来ることも心待ちにしておりましたが、

今の状況ではこのような判断をせざるを得ませんでした。

お待ち頂いていた皆様、本当に申し訳ありません。

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

また本年は 棚経の代わりに下記日程・内容にて 「盂蘭盆供養会」を開催

し、大泉寺お檀家様すべてのお宅の読み上げ回向を住職が行います。

当日は本堂正面屋外に焼香台を設置致しますので、ぜひお焼香ご回向下さいませ。

 

盂蘭盆供養会詳細 8月10日(月) 9:00〜終了未定(全件修了次第)

※件数が多い為、休憩を挟みながら数回に分けて読み上げ回向を致します。

ネット配信します。 (配信の詳細は8月上旬公式サイトで)

お寺とはまったく関係ない記事ですが・・・

FOLDING@HOMEって知ってますか?

Folding@homeとは、タンパク質構造予測に必要な計算処理を、

世界中の有志による分散コンピューティングで推進するプロジェクトのことです。

 

コロナウイルスがかつて無い猛威を振るう中、

祈願をして自分や周りの人たちに感染しないように気をつける日々、

何か出来ることはないか?

と考える中、私のような素人には当然何も出来るわけではありません。

が、アプリを動かすだけでコロナウイルスのタンパク構造を予測解析し、

効果的な薬をみつける手助けをする方法があるのです。

FOLDING@HOME TAKES UP THE FIGHT AGAINST COVID-19 / 2019-NCOV

 

コロナウイルスの脅威が長引けば長引くほど社会の混乱は増し、

我々の生活が脅かされてしまいます。

一台一台のPCの能力などタカが知れていますが、

数十万台集まることで最新のスーパーコンピューターをしのぐ計算が出来るようになるんです。

 

大泉寺でも微力ながらプロジェクトに参加し、

1秒でも早い事態収束ができるよう支援致します。

 

PCがあれば誰でも参加できます。

アプリを入れて動かすだけでいつかコロナウイルスを無力化出来るかも知れません。

令和二年 大泉寺花まつり中止のお知らせ

毎年恒例の「大泉寺花まつり」行事・コンサート・露店・等の開催につきまして年末より準備を進めて参りましたが、

大泉寺住職、総代等と協議の上、「新型コロナウイルス」感染のリスクを考慮し、大変残念ではありますが中止の決断を致しました。

連日の報道などでもご承知の通り、日本国内でも新型コロナウイルス感染者が拡大している事を受けて、

官民のイベント行事に影響を及ぼし波紋が広がっています。

花まつりコンサート出演者・出店者の皆様、毎年大泉寺花まつりを楽しみに来寺してくださる皆様には大変ご迷惑をおかけすることになり、本当に申し訳ございません。

しかしながら、毎年数百名の来場がある大泉寺花まつり行事において新型コロナウイルスの感染拡大を招くわけにもゆかず、

苦渋の決断をせざるを得なかった事をご理解のほどよろしくお願いいたします。

また同時開催を予定しておりました 「プラステラスフジヤマ声明コンサート」につきましては

次週4月11日に予定を変更し開催を予定しておりますが、情勢次第で日程の変更等がある可能性があります。

大泉寺及びプラステラスフジヤマのサイトなどにてご確認くださいませ。

新年の御挨拶

謹んで新春の御挨拶を申し上げます。

昨年は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

昨年平成が終わり令和に変わり、
そして早くも令和二年を迎えました。
新年は自分自身の中にある悪い習慣を忘れて、
なにか新しいことにチャレンジするよい機会となります。
特に庚子の年は新しいことを始めるのに良い年だといわれています。

当山では昨年十二月一日に「法燈継承式」を執り行い、

新たな一歩を踏み出しました。

立ち止まること無く、前に進んで行こうと思います。

皆様の益々のご繁栄を御祈念申し上げますとともに

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和二年 正月

お会式出店者情報⑩

「お寺のお店」

こちらは大泉寺で運営するお店です。

コンセプトは子供が楽しめるお店です。

小さな子供がお小遣いで楽しんでほしいというのが想いです。

特に変わったものはありませんが

基本的に100円以下のおもちゃや、ヨーヨー釣りが楽しめます。

中には10個ぐらい釣って行く猛者もいます。

 

小さなお子さんや、お孫さんと一緒に来て楽しんでもらえたら何よりです。

お会式というお寺の行事がそういうコミュニケーションの役に立てたら嬉しいですね。

お会式出店者情報⑥

ここ数年毎年ご参加頂いている

キャンドルアーティスト「Fuji candle 鍋山純夫」さんです。

キャンドル作りのワークショップに加え、

「万灯キャンドルナイト」

を担当してくださいます。

鍋山さんのキャンドルは小さな子供でも気軽に作ることが出来るので、

例年小さな子供にも大人気です。

また参道から境内にかけて彩られる

「万灯キャンドル」は白蓮會の万灯と共に大泉寺のお会式には欠かせないものとなっています。

これだけのキャンドルが並ぶことは滅多にありませんのでこちらもお楽しみ下さい。

 

Fujicandole Facebookページ

https://www.facebook.com/search/top/?q=fujicandle&epa=SEARCH_BOX

 

地元のフリーペーパーでも巻頭特集で取り上げられています。

また6月に開催されたプラステラスフジヤマでも

「キャンドル作り」「キャンドル声明コンサート」などを手がけて頂きました。

こちらも大好評のうちに修了しました。

是非体験して頂きたいものです。