境内御手洗い開眼

ファイル_006 (1)

今まで山門横に境内手洗いがあり、築40年を過ぎ老朽化も進んでおりました。

男女も分かれておらず、時代にそぐわなくなってきました。

本堂正面に位置する場所から境内脇に新築を致しました。

 

ファイル_002

12月吉日、当山役員と共に落慶開眼供を執り行いました。

ファイル_000

御手洗には「烏芻沙摩明王」(うずさまみょうおう)を勧請いたします。

烏芻沙摩明王は、インドでは火の神様アグニとも呼ばれ、

その炎で不浄を焼き払い清める力があるといわれています。

 

残念なことながら、どのような犯罪が起こるかわからない時代ゆえに

外部からは24時間防犯カメラで監視をし、夜間は電磁ロックで自動的に鍵がかかるようになっております。

檀信徒の皆様に、安心してお参りできる環境を整えて参ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です