多忙を理由に・・・

更新が遅れております(゚Д゚;)

気づけば桜も散り、4月も終盤にさしかかっております。

4月8日に開催された、花まつり・寺コン&寺マルの報告がまだでした・・・

気を取り直して4月8日にお釈迦様の誕生日「花まつりの法要・クラシックコンサート・お寺でマルシェ」が執り行われました。

コンサートは今年で9回目、マルシェは2回目となります。

今のような形でイベントも併せて行うようになってから、

震災の年と寺の事情により法要のみとなった2回を除くと11年目となります。

これまでの記憶をたどってみても、恵まれた事に雨で困った記憶はありませんでした。

今年は天気が悪そうだというので毎日天気予報とにらめっこでした。

お釈迦様の御降誕のときには甘露(お釈迦様の誕生を祝って天がもたらした甘い雨)が降り注いだと言い伝えられていますが、

今年の花まつりはまさに甘露降り注ぐ天気となりました。

岳陽新聞さんで記事にして下さった際には「雨の花見も趣があった」と表現してくれました。

主催者としては屋外で行う予定だった「お寺でマルシェ」をどうするか頭を悩ませましたが、

物販は書院内で開催する事で問題解決!!

食べ物屋さんは移動販売者なのでそのまま境内へ!!

空いている時間帯に写真を撮ったので閑散としているように見えますが、実際は悪天候のj中大勢の方にお越し頂く事が出来ました。

本堂前では誕生仏に甘露(日本では甘茶)を注いでお祝い致します。

 

 

法要にても沢山のご参加を頂き、盛大に御降誕会をお祝いする事が出来ました。

その後のコンサートでは「PLAYERS◎木管五重奏 with クラシックシンガー」をお招きし、

誰でも知っているクラシックの定番や童謡メドレー(これが凄いんです)本格オペラアリアまで

小さな子供達(しかも大勢)からご高齢の方まで多くの皆様にお楽しみ頂けました。

コンサート後には雨も上がり、お帰りになる皆様の前で白蓮會による纏の振り込みを行い

ご参加頂いた皆様のご健勝を祈願致しました!

※観客の方による撮影です、観客の皆さんはカメラの手前にいらっしゃいます。

 

また書院では御題目講有志による生花の展示もございました。

とりあえず今年も無事に終える事が出来て心底ほっとしています。

なにより毎年本堂内で御題目を最後にお唱えして頂けるのがありがたいですね。

また来年はどんな企画をしようかな・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です